結局リルウェインはレーベルから騙されていた…

lil'wayne
泥沼化している lil’wayne と レーベルの Cash Money Records の争いの真実が明らかになってきた。どうやら2008年のウェインの3枚目のアルバ「Tha Carter III」がリリースされた時からレーベル側とウェインの間にトラブルが発生していたらしい。当時の契約内容によると、4枚のソロアルバムと1枚のコラボアルバムをリリースする事が契約内容だったらしい。(その為にいろいろなアーティストとのコラボアルバムが発売されるといったウワサが流れていた理由だった。)これらの契約の内容がハッキリしないで5枚のアルバム「Tha Carter V」のレコーディングを進めてしまった為にレーベル側からウェインに対して10億円以上のギャランティが支払われてないらしい。また Cash Money Records は現在は借金があるようで倒産の兆しもあるそうだ。詳細は追って書きます。>

カテゴリー: ニュース・ゴシップ タグ: パーマリンク