「Mac Miller」が10億円でワーナーと契約。

 Mac-Miller-brings-his-recently-established-independent-label-with-him-and-will-now-release-music-through-REMemberWarner-Bros.-
あのラッパー「Mac Miller」が「$10 million=10億円」で「Warner Bros. Records 」と契約した。ここ最近の契約金額だと最多契約金となる。この契約の決めてとなったのが、先日に自主リリースしたミックスCDアルバム「MAC MILLER – FACES」こちらのミックスもネットでの総合評価が(4.54/5点満点中)と非常にいい出来に仕上がっている。マックは演出力や表現力が豊かなラッパーであり、プロダクションワークも固い。それがワーナーの目に止まりサインに至ったようだ。ただ、ワーナーは過去に何度もヒップホップやアニメの事業に大大失敗している。(例:マイケルジョーダン出演 SPACE JAM 1996年 , ジャングルブラザーズ Jungle Brothers – J. Beez Wit The Remedy, 1993年)事実上、お金に埋もれているアーティストの墓場となっている。>

カテゴリー: ニュース・ゴシップ パーマリンク