「Chirs Brown」が「Blood」ギャングのメンバーに?

chirs-brown-with-sign先週より、USのヒップホップエンターテイメントで騒がせているのが、この「Chirs Brown」のギャングハンドサイン問題。事件は先週に行われた「VMA=Video Music Awards」のカットで使うパーティーシーンのバックでクリスが盛んに、LAギャング「Blood=赤」のハンドサインを何回も出していた。その様子が映像でも確認できる。このサインはギャングのリードサイン。つまり簡単なサイン。クリスは以前からも何回もこのサインを出して、写真を取り色々な人からも指南されている。


chris-brown-bloods-gang-sign-leadそして、徹底的に問われたのが、このミュージックアワードでのライブ時のファッション。赤い首まで閉めた、LAギャングチックなネルシャツ、ファッション。これは「REGALIA=レガリア」という、ジャケット。(日本でいう着物。アメリカでは大学生が卒業する時に来ているヤツ)これは、ラテンアメリカ人の中では伝統的なファッションで、ネーミングはラテン語で「王を象徴するもの」つまり、赤いレガリアでこのファッションで登場は「私はブラッドに絶対服従します。」という意味。


chris-brown-with-REGALIA考え過ぎじゃないか?と思われそうだが、現に警察は一連の関係を調べる為に、既に動いているらしい。その後、LAで打ち上げられたパーティーに顔を出したが、何かの理由でスタスタとクラブを後にするクリスとその友人。最近は彼等の一味がクラブの入場を断られる事もあるらしい。


chirs-brown-out-of-the-club

カテゴリー: ニュース・ゴシップ タグ: パーマリンク